読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大きな虹が架かった

eighterがジャニーズWESTに堕ちた。

私が淳太くんに堕ちるまで。(続き)

さて、昨日はWESTさんにハマるまでで終わってしまいましたが、今日は淳太くん中心に書いていこうと思います。ファンの皆さんからしたら当たり前のことかもしれませんが、お付き合いくださいませ。

そもそも、淳太くんに関する基礎知識が少なかった私。それこそ、B.A.D.として照史くんと組んでいて、エイトさんのバックで踊っていたりして……ごくせんに出てたぐらい?
彼が最年長で28歳だという事実を知った時の衝撃といったら!笑
だってあんなに可愛いんですよ……?←
頭が良くて関学卒業してて、中国語と英語が話せて、お金持ちで……。まるで非の打ち所がない王子様かと思いきや、まさかの運動音痴!ww
えっと、あの、ジャニーズですよね?ダンスはわりと普通に踊れてますよね?とか半信半疑だったのですが、なにわぶ誌でのゴルフクラブを真っ二つに折った話を読み、特番でのスイカ風船割りを見て確信しました。
「この子、ほんまもんや……」
おまけに激辛好きで、真っ赤な食べ物(と呼べるのかどうか)を平然と食べ進め、目を輝かせながら「美味しい」と言う。舌がバカなのか、辛さを感じる部分が麻痺してるのか。個人的には手をバタバタさせて目を潤ませながら「こんなん、食べられへんよ……」っていう淳太くんを見たかったけど、でも子供のように目をキラキラさせている姿が可愛くて私の心は撃ち抜かれました。

一度坂道を転がってしまえば、止まるどころか更にスピードは増していき、見るたびに「淳太くん可愛い」を連発し、淳太くんを目で追い、『TAMER』を聴いて歌詞の和訳を見て(自分では訳せない)見事に狩られたので、檻からは抜け出せそうにありません。

長々と綴ってしまいましたが、要は大好きだということです。もっと前から淳太くんの魅力に気付いていたファンの皆さんを羨ましく思いますが、私はこれからの淳太くんをしっかり見ていきたいと思います。
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。
それでは、今日はこれで失礼致します。