大きな虹が架かった

eighterがジャニーズWESTに堕ちた。

映画『東京喰種』

仕事終わりに東京喰種を観てきました!特典のコースターはなくなったのか貰えませんでした…。以下、感想やらネタバレやら。

 

 

 

 

 

 

  • リゼに襲われるカネキ。カネキ役の窪田くんの演技はもちろん、リゼ役の蒼井優さんの演技がとても素晴らしい。お淑やかな女性から一気に喰種としての本性を現した演技がとてつもない狂気を感じられて素晴らしかった。
  • 手術後、味覚が変わってしまったカネキ。冷蔵庫の食べ物を食べては吐き、散らかしていくシーンが印象的。
  • 空腹に耐えきれず食べ物を探して街に出るが、道行く人が美味しそうに見えて仕方がないカネキ。口に指を入れ、左眼の赫眼を出したまま挙動不審で歩く様がただのヤバい奴…とにかく窪田くんの演技がすごい。
  • 助けを求めるカネキに向かって残飯を投げつけ、人間の食べ物はどんな味かを問い詰めるトーカ。清水富美加ちゃん、いい女優さんだと思うんだけどな…。このシーン、元々人間だったカネキからすれば"こんな身体"だけど、トーカちゃんは"こんな身体"でも生きているんだから、そりゃ残飯も投げつけるわな…。
  • ヒデに連れられて向かった先には錦の姿が。ヒデを襲い、喰おうとする錦を返り討ちにするカネキだが、理性を失いヒデを喰べようとする。ここは注目シーンですね。錦がカネキとヒデがいつからの友人なのかを確かめたのは、カネキを"元人間"と知らず"喰種"と認識した上で、友人関係にあるヒデをいつ喰べるのか疑問に思ったからでしょう。錦との闘いで理性を失ったカネキが血塗れのヒデの顔を舐め回して笑う顔、マジでヤバい。狂気しかない。
  • ハトにマークされた笛口親子。引っ越しの最中、ハトに囲まれ娘のヒナミは逃げ出す。カネキに助けを求めたヒナミだが、目の前で母親は殺される。母親リョーコは相田翔子さんで、娘のヒナミは桜田ひよりちゃん。相田さんはお母さん感あって良かったけど、ヒナミちゃんなー。もう少し幼い子のほうが良かったのでは…とは思う。まあ、PG12だから色々問題があって年齢が上がったのかもしれないけど、だったら年齢設定も上げたほうが良かったんじゃないかな…どう見ても15歳ぐらいだし、幼く見せるには限界な気が…。演技はとてもいいし、母親を失うシーンは本当にすごい。
  • ハトに復讐するトーカ。草場を殺し、亜門を襲うが真戸に怪我を負わされる。トーカちゃんの衣装がなんかエロい…。羽赫で肩の服が破れるからか、肩出しの衣装。傷を負ったトーカに「トーカちゃんが死んだら悲しいよ」って言うカネキの言葉と、それを聞いたトーカの表情がとてもいい。
  • 「何も出来ないのはもう嫌なんだ」と、トーカに闘い方を教わるカネキ。最初はボコボコにされるが、徐々に動きも変わり赫子の扱い方も慣れてくる。習うより慣れろスタイルでトーカから教わるカネキ。アクションとしての見せ場の一つでもあるシーン。
  • 真戸が仕掛けた罠によりピンチに陥るヒナミ。トーカが駆けつけ真戸と対峙する。真戸がクインケでトーカを追い詰めるが、ヒナミに助けられ真戸は息絶える。
  • 一方、カネキは亜門と対峙する。亜門を追い詰めるが、再び理性を失ってしまう。しかし己の姿を見て理性を取り戻し、その場から立ち去る。亜門を赫子で拘束して、理性ぶっ飛んで狂気見せるカネキ本当にすごかった。狂ったように笑ったあと、理性を取り戻して動揺する変わり様が全然違う人間みたいだったし、「人殺しにしないで」のセリフ聞けたの良かった。

 

 

 

 

窪田くんの演技がとにかくすごい!普通に見たらかなり情緒不安定だと思うんですが、人間から喰種の身体へと変わってしまった葛藤とかの表現がすごい。あと、リゼ役の蒼井優さんもさすがです。リゼにぴったりなのよね〜。

個人的に残念だったのがカヤ役の佐々木希ちゃんの出番が圧倒的に少なかった。セリフも少しだったし…。

原作知ってるので違うよな〜と思ってしまうところもあったのですが、CGもすごくて映像としてはとても良かったです。