大きな虹が架かった

eighterがジャニーズWESTに堕ちた。

まさか自分がセクハラの被害に遭うとは。

タイトルの通りですが、ジャニーズとは全く無関係のめちゃくちゃ気持ち悪かった話です。

記録がてら、ここに書かせてもらいます。

 

 

 

10月22日(日)、仕事は休みでしたが所用で上司と出かけました。夜10時頃に用事を済ませ、帰ろうとしたところ「(タクシーに)乗ってけ」と言われたので送ってもらえるのだと思い、タクシーに乗りました。すると向かったのは以前連れてきてもらったバーでした。お客さんはおらず、そのままお酒を飲むことに。(ちなみに上司は既にお酒が入っている状態でした)

以前このバーに来た際、身体を触られるなどの行為はあり、あげく家に着いてお風呂に入った後に渡したいものがあると言われ家まで来られたことがありました。さすがに家から出たところで仕方なく応対しましたが、大声で長話をされた上に髪の匂いを嗅がれたりしてその日以来かなり警戒していました。

序盤に前回のその行為は充分セクハラとして成立することも伝え、不快であったことも伝えました。しかし、たわいもない会話をし、自慢話も聞き、しばらくすると突然「なぁ、キスしよっか」と言われました。この時点でかなり気持ち悪かったです。もちろん拒否しましたが、「男を教えてあげる」「ここで僕とキスすれば君の価値観は変わる」「君が変わるために僕とキスしよう」などと言われました。

 

 

はぁ?

 

 

恐怖と気持ち悪さで呆然としてしまいました。

上司は私の仕事に対するスタンスが好きだと言い、そして私を異性としても好きだと言いました。それなのに私にキスを迫るのはあくまで「私の為」だと言いました。なにその矛盾。

ちなみに上司は私より3回り、つまり36歳は年上で妻子ありです。むしろ私は上司の子供よりも年下です。そんな小娘に訳の分からない理屈でキスを迫ってくるなんて、頭がおかしいとしか思えません。

 

そのほかにも

「僕とキスしたいって言う子はたくさんいる」

→ならその人たちとすれば?

「イタリア人やフランス人はこれが日常」

→私は日本人です。あなたも日本人です。そしてここは日本です。馬鹿も休み休みに言ってください。

 

 

 

頭おかしい。

 

 

 

私は男性と付き合ったことがありません。それにつけ込んでか知りませんが「僕が契約彼氏になってあげる」とも言われました。あり得ない。私にも選ぶ権利ぐらいあるでしょう。結構です、と言っても訳の分からない理屈を並べたてて話になりません。

 

その後もキスを迫られ続け、拒否し続けてようやく解放されたのは深夜1時を回っていました。

帰りのタクシーでも何か言っていた気もしますけどもう覚えていません。

家に着いてしばらくして上司から謝罪のメールが来ました。もうそれすら気持ち悪い。謝るぐらいなら最初からするな、と思いつつもとりあえずの返信だけをしてその日を終えました。

 

今のところ食事に誘われてはいませんが、自衛の為に極力行かないようにしようと決めました。

職場では普段通り会話もしますが、一度不快感を覚えるともはやそれすらストレスに感じますね。なんのアピールか知りませんが怪我の報告をされ、その怪我が治ればそれを見せられ。傷の治り早いよ、身体はまだ若いよアピール?知るか。どうでもいいわ。

その後、上司は急性膵炎になり現在は禁酒しているようです。ざまあ。そのまま一生禁酒するか、もう一度膵炎になって召されてくれないだろうか。

 嫌悪が憎悪に変わる瞬間を身をもって体験した出来事でもありました。録音すれば良かったと後々後悔しましたが。とりあえず早く消えてくれ。

 

文章めちゃくちゃで読みづらいとは思いますが、お酒で変わる人には要注意ですね。教訓にします。