虹のその先へ。

eighterがジャニーズWESTに堕ちた。

舞台『オセロー』を観劇。

 

シェイクスピアの四大悲劇と言われる作品。悲劇かぁ、シェイクスピアかぁ…と小難しく考えていたが、そんなことはない。

 

 

単純に言えば、部下に唆され、妻を愛しすぎるあまり不義を疑い転落していく男の話だった。

 

 

 

 

 

オセローという男は地位も名誉も手に入れた軍人であり、物語の序盤で美しい妻と結婚するという、まさに幸せの絶頂にいた。妻とともにキプロスへ派遣され、新婚生活を満喫していたが、旗手イアーゴーから妻のデズデモーナと副官キャシオーがただならぬ関係ではないかと吹き込まれ、次第に妻の愛を疑うようになる。その転落ぶりと変貌ぶりは凄まじく、元老院の目の前で妻を殴り罵り、築き上げてきた信頼を失ってしまうほど。最終的にキャシオーの殺害をイアーゴーに依頼し、自身は妻の殺害を目論むが、オセローは何故ここまで愛する妻を信じきれなかったのだろうか。

 

 

 

一方、妻デズデモーナはひたすらに夫であるオセローを愛していた。失脚したキャシオーにオセローとの橋渡しを頼まれ、夫に幾度もキャシオーの復職を懇願する。しかしそれもイアーゴーの策略であり、妻の不義を疑っていたオセローに対してはむしろ逆効果だったのかもしれない。寝室で罪を懺悔しろとオセローに言われ、デズデモーナは身の潔白を主張するが、キャシオーが殺害されたと知らされ「あの人はいってしまったのね」と叫ぶ。

この「いってしまった」という台詞は、原作では「Alas, he is betrayed!」といい、かつては「あの人は騙されたんだわ」や「あの人は罠にかかったのよ」と訳されていたという。しかし、betrayedには「騙される」のほかに「(秘密が)バレてしまう」という意味もあり、新訳および今回の舞台では「逝ってしまった」と「(不倫のことを)言ってしまった」のダブルミーニングを持つ台詞となっている。

(詳細は舞台『オセロー』パンフレットに記されている)

劇中ではデズデモーナとキャシオーの不義の様子は描かれてはいない。しかし、この新訳で考えると実際はどうだったのだろうか。

 

 

 

そして、物語を動かしていく重要人物である旗手イアーゴー。自分ではなくキャシオーを副官に任命したオセローを憎み、武勲もろくに上げずに副官になったキャシオーをも憎んでいた。そして、イアーゴーの策略は次第にキプロス全体を巻き込んでいく。誠実で正直な表の顔と、狡猾な裏の顔を使い分け、オセローに言葉を吹き込み毒を注ぎ、オセローに復讐を果たそうとする。

イアーゴーの目的は一貫してオセローへの復讐。その為には周囲の人間を巻き込んだとしても構わないという姿勢が見られ、実際に同郷のよしみであるロダリーゴーはデズデモーナへの恋心を利用され、最終的には口封じの為に殺されてしまう。

しかし、劇中終盤でその決意が揺らいだシーンがあった。デズデモーナがオセローに罵られた後、イアーゴーに何故このような考えになったのか聞いてほしいと懇願するシーン。デズデモーナに縋られ取り乱す姿を見て、エミーリアとデズデモーナが去った後に慟哭したのは、彼が少なくともデズデモーナに対してはこのような仕打ちをしたかったわけではなかったのではないかと推測出来る場面だった。(もしかしたら今回の演出だったのかもしれないが)

 

 

 

 

オセローは何故ここまでイアーゴーの言葉を信じてしまったのか。私が読んだ『オセロー』の解題になるほどと思う記述があった。

 

イアーゴーは決して劇の主人公ではない。『オセロー』劇において最も多くのせりふを与えられ、他の悲劇の主人公と同様に、ほとんど出突っぱりに動き廻っているが、彼の劇的役廻りは狂言回しのそれであり、いわば作者の役割である。

〜中略〜

オセローがイアーゴーを疑うということは、『オセロー』劇の作意を作者に問いただすことであり、そうなれば作品のメカニズムは崩壊してしまう。作劇術上、オセローにはそれが禁ぜられている。

ーー新潮文庫 福田恆存訳『オセロー』より

 

イアーゴーが作者であるというのはとてもわかりやすい解釈だと思った。この物語を作っているのが彼であるが故にオセローは彼の言葉に疑念を抱くことなく、信じ切ってしまったのだ。しかし、オセローに毒を注いだのはイアーゴーだけではなかったと思う。物語序盤、オセローとデズデモーナが秘密裏に結婚したことを知り、怒りに満ちたデズデモーナの父ブラバンショーが去り際に放った言葉。

 

「その女に気をつけるがよい。父親を騙しおおせた女だ。やがては亭主もな」

 

つまり、この時すでにオセローの中に僅かに毒が注ぎ込まれていたのだ。それがイアーゴーの言葉によってじわじわと全身を回り、最悪の結末を迎えてしまう。

 

 

『オセロー』において終盤で最も見る目が変わったのはイアーゴーの妻エミーリアだったかもしれない。デズデモーナの侍女として彼女に付き従うエミーリアは、煌びやかなデズデモーナと対照的に質素な服を着、はっきりとした物言いの女性である。夫イアーゴーへの愛情よりもデズデモーナへの親愛のほうがとても深く顕著である。エミーリアはオセローにデズデモーナの不義について尋ねられた時もきっぱりと否定しており、何者かが嘘を言いふらしているのだと反論した。何より、エミーリアの見せ場とも言える物語終盤の寝室でのオセローとのやり取りはとても印象的だった。剣を抜いたオセローに「剣なんか怖くない!!」と叫び、デズデモーナの潔白を語り、不義のことを告げたのが夫であるイアーゴーだとわかると彼の言ったことは全て嘘だと叫んだ。このシーンは圧巻で、イアーゴーが仕組んだ策略が全て明るみに出る重要な場面である。

 

 

 

 

 

オセロー役の中村芝翫さんの演技が凄まじく、物語序盤の満ち足りた姿から徐々に弱り、悩み苦しむ様を素晴らしい表現力で表していた。特に表情がすごい。『アマデウス』での松本白鸚さんの時も思ったがさすが歌舞伎役者さん、表情での表現力がすごい。

 

デズデモーナを演じられた檀れいさんはもうとにかく美しい。劇中で「天使」と表現されるように、その美しさと清廉さがすごい。デズデモーナは綺麗なドレスを着ているのだが、全く負けない美しさ。オセローをただ愛し、何故夫がこのように変わってしまったのかを嘆く心優しい女性を見事に演じていて、さすが元宝塚娘役のトップだと思いました。

 

台詞量も多く、ほぼ出突っ張りのイアーゴーは神ちゃん。前回出演した舞台『Vamp Bamboo Burn』では重要な役どころながら実は出演シーンはそこまで多くはなかった。しかし今回は常にいる。ずっといる。すごい。イアーゴーは表面上はオセローやキャシオー、周りの人間に対してとても友好的で誠実な人間として接しているが、実は腹の中でどうやって引き摺り下ろすかを考えているという二面性のある役。そこの差がとにかくすごい。ロダリーゴーと悪巧みをしている時は目がすわり、言葉遣いも乱雑で声も低くなる。しかし、旗手として仕事の場ではいかにも好青年である。観ている側を引き込んでいく演技で、とても素晴らしかった。

 

どの役者さんも素晴らしく、観終わった後のなんかすごいもの観たなっていう感じで語彙力なくて申し訳ないけど本当にすごかった。石黒くん演じるキャシオーがまた美しいんだ…。

 

あと、物語ラストが個人的に衝撃だった。読んだ本と違うから、今回の演出なのかどうなのか。ぜひ観てほしい作品。9月26日まで新橋演舞場でやってます。HPでチケット取れます。ぜひ観て〜。